レーザー加工

オーダーメイド品やお持込材へのレーザー刻印、薄い素材のレーザーカットを承ります。刻印による表札の制作も可能です。
サイズ、素材、加工内容やデータ修正の有無などにより加工費用が変動しますので、一律の料金表はございません。
ご希望の加工内容や素材などを記載の上、お気軽にお問い合せください。

お問い合わせはこちら → CONTACT

サービス内容

レーザー刻印

※画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示できます。

ベクターデータの刻印事例です。幅8mm程度の材料にも刻印できます。

刻印した材料:無垢小角材(ヒッコリー)
「ドラムスティックを再利用したお箸」

陳列箱

画像データ(JPEG)を提供いただき、ベクターデータに変換・修正して刻印した事例です。

刻印した材料:無垢板(赤松)
「パン屋さんの陳列箱」

木の板に手書きで描いたイラストを撮影した画像データ(JPEG)を刻印した事例です。(ラスターデータで刻印)

刻印した材料:MDF
「手書きのロゴ」

レーザーカット

MDFカット

約60cm×13cmのMDF(2.5mm厚)を切り出しました。切り抜きは木工機械だと難しいのですが、レーザーで加工すれば高い精度で加工できます。

 

加工できるサイズ、素材

加工サイズ

縦1000mm × 横1000mmが加工できる最大のサイズです。最小サイズは制限が特にありませんが、位置出しや材料の固定ができるものである必要があります。

加工可能な素材

木、アクリル(黒)、紙、布、皮、石 etc…
(詳細はお問い合せください)

【加工できない素材】

  • 白い素材(ただし、紙や布などの素材では繰り返し加工により切断等が可能です)
  • 透明、半透明の素材
  • 金属
  • 塩ビ(PVC)
  • エポキシ樹脂
  • カーボンファイバー
  • 注意事項

    レーザー加工機では切断・刻印が可能ですが、下記の点に予めご留意ください。

    • 刻印の仕上がりは素材により異なります。綺麗に仕上げるためには事前のパラメーター調整が必要ですので、本番の刻印のみを行うのはリスクがあります。(失敗する可能性が高まります)
    • 切断に関しても切断可能な厚みは素材の組成や密度、硬度によって変動します。場合によってはカットしきれない可能性もございます。(ご注文前にこの点についてはお伝えいたします。)
      有料になりますが、本番のご依頼の前にまずはサンプル製作のご依頼をご検討ください。
    • データをお持ち込み頂いた場合でも、そのままではレーザー加工機のデータとして使用できない場合もございます。簡単な修正はこちらで無料で行いますが、修正箇所が多い場合やデータが複雑な場合はご自身で修正をしていただくか、有料でデータ修正をご依頼ください。

    コメントは受け付けていません。